除菌と抗菌と抗ウイルスって何が違うの?3つの違いについて解説

新型コロナが身近になってから、感染症対策を意識的に行っている方は多いのではないでしょうか?
感染症対策グッズを検索すると、色んな製品が出てきて、どれがいいのか迷いますね。

最近よく目にするのが、「除菌」や「抗菌」「抗ウイルス」などと書かれた製品です。
でも、「除菌」と「抗菌」「抗ウイルス」って何が違うの?と気になりませんか?

どちらも感染症対策に関係あるのだろうけど、「除菌」と「抗菌」「抗ウイルス」と書かれた製品は、どれを選べばいいの?と迷ってしまいますよね。
そこで、今回は「除菌」と「抗菌」「抗ウイルス」について調べてみました。

「除菌」とは?

除菌とは、菌やウイルスを減らすという意味です。
具体的には、手を洗って手の菌を取り除くことや、拭き掃除などで表面についている菌を減らすことなどがあります。

殺菌することも除菌の中に含まれますが、除菌という言葉は医薬品や医薬部外品では使えません。
除菌は洗剤、アルコールスプレー、拭き取りクロスなどで、よく使われています。

「抗菌」とは?

抗菌とは、菌の増殖を抑えることです。
除菌とは違い、菌を殺したり取り除いたりすることではなく、菌が増えるのを抑制するという意味になります。

あらかじめ加工したりして、菌が生きづらい環境を作り、仲間を増やすのをブロックするということです。
ただ、経済産業省によると、抗菌の対象にウイルスは含まれていないので、注意が必要です。
スポンジなどのキッチン用品、マスク、便座、衣類、タオルなど、色々な製品が抗菌グッズとして販売されています。

「抗ウイルス」とは?

菌とウイルスは同じようなものと思っている人も多いと思いますが、生物学上は全く違うものになります。
菌は細胞を持つ生物で、栄養があれば自ら成長したり、増殖して行くことができます。

一方、ウイルスは細胞を持たず、自己増殖することができません。
人間などの生物細胞に入り込まないと増殖することが出来ないので、無生物と言われることもあります。

したがって、ウイルスに死滅するという概念はなく、抗ウイルスとはウイルスを不活化させるという意味になります。
ウイルスを不活化させるためには、ウイルスの表面の組織を破壊して、他の生物の細胞に入り込み増殖する機能をなくすのです。

まとめ

普段、目にする機会が多いけど、その違いがよく分からない人も多い「除菌」「抗菌」「抗ウイルス」について、まとめてみました。

  • 除菌とは、菌を減らすこと
  • 抗菌とは、菌の増殖を抑えること
  • 抗ウイルスとは、ウイルスを不活化させること

以上のような違いがありました。
このような違いをしっかり把握して、目的に合った適切な感染症対策を行いたいですね。

しかし、いくら手洗いや消毒で菌を減らしたり、抗菌グッズなどを買いそろえても、壁や床などに付着した菌やウイルスに、毎日対応するのはなかなか難しいものです。
そこで、除菌・抗菌・ウイルス対策のプラチナナノプロテクトという方法を、検討してみるのはいかがでしょうか。
感染症対策に悩まされている方の参考になれば幸いです。