新型コロナの消毒・除菌方法とは?効果的な感染対策を行おう

新型コロナの影響は、学校の運動会などの行事の変更や、病院や介護施設での面会制限、リモートワークへの移行など、様々な場面で多岐にわたっています。
コロナ陽性になってしまうことは、決して悪いことをしているわけではありません。

しかし、自分が苦しい思いをしなくて済むためにも、家族や周りの人の生活パターンを変えてしまわなくて済むためにも、感染症対策は出来るだけ行いたいですよね。
そこで今回は、厚生労働省が推奨しているコロナウィルスの消毒・除菌方法について、まとめてみました。

手洗い

手指の基本的なウィルス対策は手洗いですね。
水で洗い流すだけでも、ウィルスは1/100になるそうです。
更に石けんなどで10秒もみ洗いして、15秒洗い流すと1万分の1になります。

アルコール


手指やモノの消毒には、アルコールも有効です。
アルコール濃度は、70%以上95%以下のエタノールを使用します。
アルコールはウィルスの膜を破壊するため、生物の細胞内に入り込むことが出来なくなり不活化させます。
手洗いが出来ないような環境では、アルコール消毒が役に立ちます。

熱水

モノに対するウィルス対策には、熱水消毒があります。
厚生労働省は、80℃の熱水に10分間さらす方法を推奨しています。
食器の消毒などに適しています。

塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)

最近は、次亜塩素酸ナトリウムという言葉を聞くことも多いと思いますが、これは市販の塩素系漂白剤の主成分ですので、入手しやすいでしょう。
次亜塩素酸ナトリウムの酸化作用により、コロナウィルスを破壊して無毒化することが可能です。
市販の漂白剤を用い、「次亜塩素酸ナトリウム」の濃度が0.05%になるよう希釈します。
希釈した液で消毒部分を拭き、その後は水拭きして希釈液を拭き取りましょう。
テーブルやドアノブなどの消毒に適しています。

洗剤(界面活性剤)

モノの消毒には洗剤も有効とされています。
洗剤の界面活性剤も、ウィルスの膜を破壊します。
家具用の洗剤であればそのまま使用できますが、キッチン用洗剤の場合は薄めて使用してください。
次亜塩酸ナトリウムと同じように、溶液で拭いてから水拭きしましょう。

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水は酸性の溶液で、これも酸化作用によりコロナウィルスを無毒化させます。
次亜塩素酸ナトリウムと似ているので混同しやすいですが、全く違う成分なので注意してください。
消毒部分を次亜塩素酸水でたっぷり濡らし、布などで拭き取りましょう。
ドアノブやテーブルなどの消毒に有効です。

まとめ

厚生労働省が現時点で有効としているコロナウィルスの消毒・除菌方法について、いくつか取り上げてみました。
他にも、換気して室内の空気を外に排出することが、ウィルス対策に有効とされています。

ただ、厚生労働省の発表によると、WHOは消毒剤の空間噴霧について、人体への影響もあり得るとして推奨していないとのことでした。
除菌のみを掲げている製品の噴霧についても、健康に影響する可能性も否定できず、各製品の使用上の注意を確認し、消費者の判断にまかせるという見解です。
その点、当社の施工するプラチナ水溶液は食品添加物として国から認定されている成分ですので安全です。

新型コロナウィルスについては、まだまだ未知の部分も多いですし、消毒・除菌方法についても新たに情報が更新されていくので、情報の上書きをして正しい方法で感染対策したいですね。