抗菌・抗ウイルスコーティングの効果と持続性について

新型コロナウイルスのまん延を機に、感染対策の一つとして抗菌・抗ウイルスコーティング(以下、抗菌コーティング)が注目を集めています。
抗菌コーティングは本当に効果があるのか、どのくらい効果が持続できるかなど、疑問を感じる方もいるでしょう。
そこで今回は、抗菌コーティングの効果とその持続性を簡単に解説します。

抗菌コーティングとは

抗菌コーティングとは、人が触れる場所を細菌やウイルスに対して有効な成分でコーティングし、付着した細菌やウイルスを不活性化する技術です。
コーティングに費用はかかってしまいますが、こまめなアルコール消毒が不要になったり、アルコール消毒による手荒れを防げたりといったメリットがあります。
現在のコーティング方式の主流は、酸化チタンを主成分とした光触媒コーティングですが、当社の使用しているのはプラチナナノ水溶液で、食品添加物にも認定されている安全な溶液です。

抗菌コーティングの効果

抗菌コーティングを行うことで、どんな効果が得られるのでしょうか。
もちろん、抗菌コーティングは万能な方法ではないので、細菌やウイルスによるあらゆる感染を100%防げるというわけではありません。
抗菌コーティングで期待できるのは、細菌やウイルスが付着しているところに人が触れ、その人が別のところに触れることで細菌やウイルスが広がって感染する接触感染を防ぐことです。
一方、別の感染経路である飛沫感染や空気感染に対しては、コーティングした箇所の関与がないため、当然のことながら感染防止の効力は期待できません。

当社の使用するプラチナナノナノコーティングは、効果や安全性など、様々な試験データを公開していますのでご確認いただければ幸いです。

抗菌コーティングの持続性

接触感染に対して効果が期待できる抗菌コーティングですが、一度施工したら永久にその効果が持続する、というわけにはいきません。
当社で施工しているコーティングの持続効果は1年以上持続しますが、1年で再度コーティングするとことが望ましいです。
もちろん、いくらコーティング処理をしても、コーティング表面が食べこぼしや油などで汚れてしまっていたら、抗菌・抗ウイルス能力は低下してしまいます。
したがって、コーティング表面は適度に清掃し、コーティング効果を発現させておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、抗菌コーティングの効果と持続性について解説しました。
抗菌コーティングは接触感染の防止を期待でき、われわれをこまめなアルコール消毒から解放してくれる技術です。
今後も、新型コロナウイルスと共存しなければならないことが予想されるので、抗菌コーティング処理も視野に入れて、新型コロナ対策を検討してください。